こんにちは!長野建工です。
弊社は岐阜県山県市を拠点に、外構工事・エクステリア工事・造成工事を行っております。

読者の中には、エクステリアやお庭のリフォームをご検討中の方がいらっしゃるかもしれませんね。
そこで今回は、工事をご検討されている方に向けて「下請けに委託しない自社施工のメリット」をテーマにお話しします。


自社施工と下請けに委託する場合の違いとは

あまりご存じない方が多いと思いますので、まず自社施工と下請けに委託する場合の違いをご説明しましょう。
自社施工では、営業・設計・施工を一つの会社が担当します。
一方の下請けに委託する場合ですが、工程ごとに担当する会社が違ってきます。
営業を担当した会社が、下請けの業者に設計や施工を委託するというケースがそれに当たります。
つまり一つの施工に、複数の会社が関わることになるわけです。
そうなると仲介手数料が発生してしまうので、結果的にコストが高くなってしまいます。

自社施工のメリット

自社施工のメリットは、二つあります。
一つめは、仲介手数料が発生しないため、コストダウンが可能なこと。
仲介手数料は、どうしてもお支払いの金額に上乗せされてしまいます。
自社施工であれば正味の代金しかいただきませんのでお得です。

二つめは、お客さまと担当する会社の意思疎通がスムーズなこと。
「営業担当者に話したのに、施工する会社に話が通っていなかった」
複数の会社が関わると、こういったミスコミュニケーションが発生しやすいのですが、自社施工であればそういったトラブルが起こりにくくなります。

いかがでしたか?
自社施工のメリットについて知っていただく機会になれば幸いです。
弊社では、エクステリアやお庭リフォームなどのご依頼を承っています。
「飽きないお庭づくりがしたい」
「エクステリアの相談に乗ってほしい」
こんなご要望にも丁寧にご対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


岐阜市などのエクステリア・外構工事・庭リフォームは長野建工
〒501-2259
岐阜県山県市岩佐1481-8
電話:0581-52-2992 FAX:0581-52-1833
※セールス電話・営業メール・求人広告媒体・ホームページ商材・インターネット商材等
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする
岐阜県知事 許可(般-1)第103522号